INTERVIEW

唯一無二の新しいアーティストを目指しています!!

野仲のなか 紗奈しゃな
(K-POPコース K-POPダンス専攻)

この学校を選んだきっかけはなぜですか?
中学校3年生の時進路に迷っていて、安定している看護師という道も考えていましたが、同時にK-POPアイドルという夢もありました。しかし当時、ダンスも歌も初心者だったのでどうしたらK-POPアイドルになれるか分からずにいました。そんな時に中学校の教室でFSM高専のポスターを見つけて、そこにK-POPを目指せるということが書いてあり、「この学校にいきたい!」と思ってお母さんに相談したところ応援してくれて入学することができました。
学校での思い出・役に立っていることはなんですか?
学校では本当に様々なステージ経験をさせていただきました。
在校中はただただステージをこなすのにすごく必死で、将来こんな風に役に立つとは思ってなかったですが、実際にガールズプラネットで大きなステージに立たせて頂いたときに自分が思っている以上に緊張せずに挑めたのは、学校での経験があったからだと思います。
歌も大好きだったので、ヴォイストレーニングだけではなく、バンドアンサンブルも履修していました。実はガルプラの第二ミッションの時の演奏はバンドだったので、学校の経験が活かされたと思います。
あとはSO.ON projectです!ステージをつくっていく時にチームで『どういうふうに表現しよう?』ということをコミュニケーションをとっていました。在校中は、この授業の大切さとか何に役に立つのかよくわかってない状態だったんですが、今思えばもしもSO.ON projectの経験がない状態で、練習生の生活や、ガルプラに挑戦していたら、チームとの進め方とか問題をどう解決していくかの経験がない状態だったので戸惑ったと思いますし、もっと大変に感じたと思います。絶対SO.ON projectは履修したほうがいいと思います!
練習生生活2年になりますがどうですか?大変なことはありますか?
最初の半年は時間の流れが本当に遅くて辛い時もありましたが今は毎日がすごく充実しています!『もうほんとにきついな休みたいな今日』ってときにも、絶対休めないところが大変ですね。『ずっと同じことやってるなー、何のためにしてるんだろう』みたいに思うことも多くて、『なんかやりたくないな』『なんか気分が乗らないな』ってときももちろんあるんですが、切り替えないといけないときがしんどいなと思うことはあります。
ガールズプラネット999のエピソードなど教えてください。
ユートピアの時に全部の歌のパートに挑戦したんですが全部落ちてしまって、自分ではあまり悲しいとかの実感がなかったんですけど、PAさんがマイク付け替えてくれてる時に「しゃな全部挑戦したのに落ちちゃって残念だったね」と言われて、それで初めて実感したんです。U+Meに移動した時絶対に泣かないって思ってたんですけど、映ってたかどうかわかりませんが実は泣いてしまって。でもU+Meのチームが他のチームに比べて遅くスタートしましたがリーダーのましろちゃんが「正直にやりたいパート言っていいよ」と言ってくれたので挑戦することができました。一番高いキーを出すパートが本当に難しくて、練習の時とかリハーサルの時とかまで実は出なかったんですけど、本番成功したんです。
後輩たちにメッセージをお願いします!
学校で授業受けるときでも、いろんな先生がいて、『こんな踊り方する人いるんだ』っていう発見があったり、『隣りにいる友達より絶対うまく踊ってやる!』みたいなライバルがいたりっていう当たり前だったことが練習生になった今すごく恋しいです。後輩に伝えたいのは、せっかくK-POPコースの友達が沢山いるんだったら、もう良い意味でいっぱい競争してほしいなって思うし、色んな子がいるなら色んな子のいいところとかも欲張って、盗んで、自分のために色んなことに挑戦しといてほしいなって思います。
それと、事務所に入って半年ちょっと経ったぐらいに『辞めたい!』って思った時期がありました。その時からほんとにやる気が出なかったんです。何とか持ち直したんですが今思えば、その時なにかひとつでも、毎日1ミリずつだけ成長しようみたいな低い目標でいいからちょっとずつ続けて頑張ってたら、今もっと成長出来てたんじゃないかなと思います。
学校でイベントとかいっぱいあって大変だと思いますが、小さいことでいいから1つのことでいいから、長く長く続けることが大事だなってこの経験からやっと気づいたんです。それをもっと早く知っといて、やっておけばよかったなーって最近思うので後輩には在校中に気づいて欲しいですね。

MLD ENTERTAINMENT

コンテンツ企画及び制作、芸能人マネジメント、新人開発、プロデュースなど、各分野の専門家らが集まり、グローバル化をリードするブランドコンテンツを制作するグローバルエンターテインメント会社です。

アーティストのコンセプトと方向性を分析し、ひとつのスタイルに留まることなく新しいコンセプトと多様な音楽性に合わせて制作し、体系的なシステムを基に、優秀な所属アーティストを養成しています。

また、マネジメント事業を通し、コンサート、ミュージカル、映画、広告、ostなど、新しい付加価値を創出し、トレンディーな文化とコンテンツを通し、誰も触れたことのない新しいパラダイムを提示し、エンターテインメント界の多角化を追求、社会へ貢献することを念頭に置いています。

INTERVIEW コラム 特別座談会
TOPページへ戻る
パンフレット

学校情報が満載のパンフレットを無料でお送りしております!